【社会】伊東線の来宮、伊豆多賀、網代3駅の「無人化」を検討 JR東日本

JR東日本が伊東線(熱海駅―伊東駅)の4駅(来宮、伊豆多賀、網代、宇佐美)の「無人駅化」を検討していることが分かった。29日の静岡新聞が報じた。JR東日本は4駅に精算機や改札機を遠隔で操作するシステムを導入し、駅員を置かない方向で検討が進められているという。駅員を配置しない代わりに、伊東駅に配置された駅員がインターホンを通じて受け付け、集中制御する。

4駅のうち、熱海市の来宮駅には年間約40万人の参拝客が訪れる来宮神社があり、伊豆多賀駅は県立熱海高校の通学駅。網代は南熱海の観光の名所。サービス、安全面の低下が観光や教育に及ぼす影響が懸念されている。

来宮駅伊豆多賀駅網代駅協会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る