丸源ビルオーナーに実刑判決、10億円超脱税事件/東京地裁

東京・銀座や熱海市などの繁華街で多数の「丸源ビル」を展開し、10億円超を脱税したとして法人税法違反の罪に問われた同ビルオーナー、川本源司郎被告(86)の判決公判が11月20日、東京地裁で開かれた。前田巌裁判長は懲役4年、罰金2億4千万円(求刑懲役5年、罰金3億円)を言い渡した。
判決によると、川本被告は社長を務めた不動産会社「東京商事」=清算=について、2009~11年の所得計約35億4300万円を隠し、法人税計約10億6千万円を免れた。
 川本被告は2012年3月に東京地検特捜部に逮捕、起訴され、同年6月の初公判で「全部でたらめです」と無罪を主張。その後、たびたび弁護人が交代して公判が長期化し、判決まで約5年半かかった。
熱海市にも丸源ビルは4物件あり、今後の成り行きが注目される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る