市の負担金、500万円のはずが実際は650万円! 市議会で米山氏が指摘

これまで繰り返し500万円と説明してきた昨年の第1回熱海国際映画祭の熱海市の負担金が、実は150万円多い650万円だったことが分かった。6月21日の市議会一般質問で米山秀夫氏(自民党・公明党・女性の会 熱海 梁山泊)が指摘した。
同映画祭は市の補助金500万円に加え、採択の約束を取り付けていた文化庁の補助金1500万円が原資。市は文化庁分の交付を見込んで立て替え、実行委員会へ拠出していた。
しかし、今年4月、文化庁から実際に交付された補助金は約1350万円(1349万円)。不足分の150万円を市が負担していたことが、5月17日にまとめた再集計の収入内訳資料で明らかになった。
「市長は議会で熱海国際映画祭に対する負担金は500万円でそれ以上は支出しないと繰り返してきたことと相違する。勝手に増やすのは許されない。虚偽説明で予算を提出した市長の責任は重い」と糾弾、説明を求めた。
これに対し、市長は「全体予算のうち、国からの補助を1500万円と想定していたが、結果として約1350万円となった。その差額を市の単独事業費として支払わせていただいた」と釈明した。
市当局によれば、減額されたのは映画祭運営会社フォーカス社(髪林孝司代表取締役)がスカパー・ブロードキャスティングに対し、未払金があることが判明。国の補助金は実際に事業に支払った額から算定される仕組みになっており、減額されたと推測する。
髪林氏との対立から、第2回熱海国際映画祭にかかわらない方針を決めている市は、既に支出している500万円と合わせて差額の150万円もフォーカスに返還を求めるという。
また映画配給収入450万円も東京、大阪、名古屋のイオンシネマおよびANA国際便でのグランプリ作品上映収入を見込んだもので、実際に上映したのは富士宮市(静岡県)と予定のある名古屋だけ。収入見込みのない額であることも米山氏の指摘で分かった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2019-8-23

    懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

    伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東…
  2. 2019-8-23

    東海汽船、「熱海⇆大島」高速ジェット便、往復3500円 62%OFF

    今年11月に創立130周年を迎える東海汽船は8月23日、「熱海⇄大島」航路の高速ジェット船を往復3…
  3. 2019-8-23

    熱海中でPTA奉仕作業 今宮、来宮、伊豆山の厄年奉賛会が“助っ人”

    熱海中学校で8月22日、PTA奉仕作業(渡邉昇会長)が行われた。生徒、保護者、教職員が校舎内外の清…
  4. 2019-8-22

    11月に第2回「熱海怪獣映画祭」「キングコング対ゴジラ」などを上映

    ゴジラやウルトラマンなどの特撮作品の舞台となった熱海市を“怪獣の聖地”に定着させようと取り組む一般…
ページ上部へ戻る