森本要副市長副、議会で退任あいさつ 熱海のV字回復に貢献、職員に感謝

6月27日の熱海市議会6月定例会本会議で、31日に任期を満了し、経済産業省に帰任する森本要副市長(39)が、退任あいさつに立った。
「副市長という重責に全力で4年間取り組んできたが、その職責をしっかり果たせたかというとじくじたる思いがある。右も左も分からぬ若造が熱海に来て任期を全うできたのは議員、職員の皆様の支えがあったこそ」と感謝の言葉を述べ、「この4年間は私の人生にとってかけがえのないものとなった。今後の人生をしっかり歩み、ご縁をいただいた熱海に恩返して参りたい」と振り返った。
議員を代表して山田治雄氏が慰労とお礼の言葉を述べ、副市長の功績をたたえた。
「この4年間、森本副市長は東日本大震災以降の宿泊客回復に向け、公民連携のオール熱海作りに尽力された。地元企業・商店のサポートにA-bizの機能強化へチーフアドバイザーを誕生させる一方で手付かずだった山林に着目。住まう型林業研修を行い、修了者が熱海キコリーズを結成し、積極的に活動している」と功績をたたた。「奥様と幼い二人のお子様を千葉に置いての単身赴任で、多忙な毎日だったと思う。おかげで基幹産業の観光はV字回復しているが、人口減少問題など熱海が抱える問題は山積している。国に帰任するのあたり、熱海の現状と問題点を次の副市長にしっかり引き継いでいただきたい」と要望した。
熱海市は28日午後4時30分から、市役所1階市民ロビーで職員等によるお見送りを行う。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  2. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  3. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  4. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
ページ上部へ戻る