市民がモデルのファッションショー「アタコレ」 小倉一朗さん、赤尾恵子さんも登場 

熱海市のホテルニューアカオで10月27日、一般市民をモデルに起用したファッションショー「アタミコレクション」が開かれた。熱海芸術祭に合わせ、「おしゃれの街熱海」を発信しようと市を拠点に活躍するファッションデザイナー新居洋子さん、市内在住でモデルでウオーキング講師の田中レーヌさん、グラフィックデザイナー、ライター、演出家ななど8人が実行委員会を立ち上げ、稲村千尋市議が尽力して初開催した。
ランウエーを歩くモデルはプロのモデル4人に加え、公募で選ばれた7歳から85歳までの50人が担当。モデルたちは新居さん夫妻が手掛ける服飾ブランド「Eatable of Many Orders(エタブル・オブ・メニー・オーダーズ)」の新作コレクションや田中さんがパリコレなどで着用した君島一郎ブランドの衣装、自身が大切な人と記念の日に着た和洋服を身にまとい、観客を魅了した。
市民モデルは、応募があった約80人から書類審査と面接で選出し、田中さんが、4回ににわたり、正しい姿勢や歩き方の基本を指導。ナレーターは元市議の蛭川真季子さん、音楽監督はバンド「ヒカシュー」などで活躍する巻上公一さんが務めるなど、熱海市民の手作りで行った。
ホテルニューアカオ取締役の赤尾恵子さん、ゲストハウスMARUYAオーナーの小倉一朗さん、新かどや取締役の鵜沢靖之さんも市民モデルを務め、注目を集めた。
 (熱海ネット新聞)
■ 新居洋子さん 洋服、モデル、スタッフとピュアな熱海にこだわって開催したが、多勢のお客さんが来てほっとした。こんな粒揃いのモデルはほかの地域ではないのではないか。今後については、プロ中のプロが集まった実行委員会の皆さんの意見を聞いて決める。

田中レーヌさん(右)
新居洋子さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る