湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子さん(83)。10月31日に熱海市のホテルニューアカオ で開かれた「A-biz(エービズ)リニューアル2周年記念トークショー」で特別の許可を受けてクイーンの代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」を原曲に忠実に訳詞し、日本語訳詞で歌う許可をもらったと話してしていたが、演歌界のプリンス氷川きよしさんがカバーすることが分かった。
12月11、12の両日に行われる「氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~」(東京国際フォーラム)でフレディ・マーキュリーさん(享年45)のせつない歌声を表現する。氷川さんが洋楽をカバーするのは初めて。
今年3月、日本でも大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」を氷川さんが観賞。フレディの半生に感動し、以前から交流のあった湯川さんに話したことがきっかけになったという。美しさが止まらないジェンダーがさらに加速ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る