熱海の医療従事者へ感謝、サプライズで尺玉中心に15分 今年の初花火

突然、今年初めての花火が熱海湾に打ち上げられ、驚いた市民も多かったのではないか。6月21日夜、長年にわたり熱海市内の花火大会を手がける静岡県藤枝市の花火企画製造会社「イケブン」が新型コロナウイルスと最前線で闘う熱海市の医療従事者への感謝と収束への願いを込めて300発打ち上げた。
午後8時から約10分間、10号玉(尺玉)4発と5号玉29発、4号玉80発を中心にゆったりと組み立て、恒例のスターマイン4発(大空中ナイアガラ)で締めた。

花火は密集を避けるため、事前には打ち上げを公表せず、同日午後6時に市の同報無線とメールマガジンで告知し、「自宅での観賞」を呼びかけた。熱海市ホテル旅館協同組合が後援した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  2. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  3. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  4. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
ページ上部へ戻る