神女神楽と浦安の舞の舞を奉納、静かに疫病退散を願う 来宮神社例大祭

来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭が営まれ、鎌倉時代から続く「神女神楽」(みこかぐら)と「浦安の舞」が奉納された。今年は新型コロナウイルスの影響で来賓を迎え入れず、氏子役員や祭典委員、厄年奉賛会らが静かに疫病退散を願った。

今年の「神女」を務めたのは第一小1年の小川寧子(おがわ・ねね)さん。神女役の櫻井智和さんと小山太一さんを従えて伝統の舞を披露した。密集を避けるため、笛、大太鼓、大拍子、鐘の音は録音で流した。

続いて、熱海中2年の柿田茉緒(まお)さんと山田愛恵(まなえ)さんが、艶やかな十二単をまとい、剣や扇を手に浦安の舞を奉納した。例年4人で舞うが、今年は感染症防止のため、2人で務める。神女神楽保存会の本多勇治会長によれば、デュオ(2人)での浦安の舞奉は同神社では過去に例がないという。

例年は、この後、境内で県指定無形文化財の「鹿島踊り」を奉納するが、感染防止のため、今年は取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る