ハチミツのロウでキャンドル作り 姫の沢公園で夏休みの体験教室

熱海市の姫の沢公園のビジターセンターで8月9日、夏の特別企画「蜜蝋(みつろう)キャンドル」作り教室が開かれた。子どもたちの夏休みの思い出づくりや自由研究に役立ててもらおうと同公園を管理する姫の沢公園パートナーズが企画した。
ミツバチが巣房(六角形の巣)を作る際の蜜ろうを使ってキャンドルを作るもので、伊豆山みつばち農園の柴崎文子さんが講師を務め、ビジターセンターで開催。保育園、幼稚園、小学生の子供たちが親子で楽しんだ。
湯煎で溶かした蜜ろうに、芯糸(タコ糸)を浸しては乾かしを繰り返し、少しずつ太らせてスティックタイプのキャンドルにする。蜜ろうキャンドルは、煙やススが少ないのが特徴。柴崎さんによれば、電気のなかった時代、欧州などの教会では絵画保存のために好まれ、現在も特別のミサなどで使われているという。
同教室は、23日にも開かれる。問い合わせは0557ー83ー5301へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る