宿泊税導入へ前進 熱海土石流で田畑総務副大臣と市長らが意見交換 求める

田畑裕明総務副大臣(自民党、安倍派)が11月17日、熱海市役所で齋藤栄市長、越村修市議会議長らと面会し、7月3日に伊豆山地区で起きた土石流災害の復旧復興について意見交換した。
市長は100億円あった2020年度の税収が、コロナ禍で前年度比で6億円以上減った厳しい財政状況を説明。その上で「今後は土石流災害の復旧復興で莫大(ばくだい)な支出が想定される。交付税や特別交付税など国の財政支援をお願いしたい」と要望。さらに税収を増やすため、市が検討する法定外目的税「宿泊税」導入の同意を求めた。
会談前に被災地を視察した田畑副大臣は「総務省ばかりでなく、政府や国交省を含めてできることを迅速に、全力で取り組む」と話し、会談で要望された宿泊税にしても前向きに検討する考えを示した。
意見交換会では、越村議長が「避難所となったホテル費用の国の支援」、櫻井佳久消防団長は「携帯電話の情報を使った行方不明者の捜索」を要望した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る