【市政】消防職員5人を伊豆大島に派遣 熱海市

熱海市は台風26号で被害を受けた伊豆大島(東京都大島町)の救助活動を支援することを決め、熱海市消防本部の職員5人を緊急消防援助隊第6次県隊に加えて派遣する。25日、熱海市役所で出発式があり、斎藤栄市長が激励した。

隊員たちは29日から3日間、被害が大きかった元町神達地区などで活動する予定。

市長隊員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  2. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞クルーズ

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン)が…
  3. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
  4. 2017-7-22

    【観光】ウォーターパーク営業開始、 熱海サンビーチで安全願い神事

    熱海市観光協会は7月22日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」…
ページ上部へ戻る