【経済】JR6社が「4-6月」熱海の魅力を全国発信 来年から3年間

熱海市は6月8日、市役所で「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」(2019年4~6月)の説明会を開催した。市内の観光関係者や民間事業者など約70人が出席し、県観光振興課の秋定正法班長、JR東日本横浜支社・伊豆箱根仕入れセンターの栗原好文所長などから概要やスケジュールの説明を受けた。DCは地方自治体、観光協会、JR6社、旅行会社、協賛企業などが協力して実施する国内最大規模の観光キャンペーン。毎年、4期(4-6月、7-9月、10-12月、1-3月)に分けて行い、1-3月は「京の冬の旅キャンペーン」が定着している。DCキャンペーンは本番(2019年)と前後のプレ(2018年)、アフター(2020)を加えた3カ年行われ、今回は東京五輪とラグビーW杯に向けた静岡の魅力を発信する。
「伊豆は一つ」を合言葉に、昨年、熱海市は伊豆の7市6町合同で「ふじのくに・伊豆デスティネーションキャンペーン(伊豆DD)」(2018年4~6月)を申請したが、あと一歩及ばず落選。そこで今回(2019年4~6月)は「静岡デスティネーションキャンペーン」に名称を変え、県の協力を得て県内5地域にDC推進部を設けるなど県全体に対象を拡大したことが功を奏した。
齊藤栄市長は「V字回復した熱海はこれからが大切。来年から3年間、(JR6社などの)全国キャンペーンは大きな追い風になる。DCは次のステージに進むまたとない機会」と力を込めて話した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◆デスティネーションとは 目的地・行き先とキャンペーンを合成語。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る