【経済】JR6社が「4-6月」熱海の魅力を全国発信 来年から3年間

熱海市は6月8日、市役所で「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」(2019年4~6月)の説明会を開催した。市内の観光関係者や民間事業者など約70人が出席し、県観光振興課の秋定正法班長、JR東日本横浜支社・伊豆箱根仕入れセンターの栗原好文所長などから概要やスケジュールの説明を受けた。DCは地方自治体、観光協会、JR6社、旅行会社、協賛企業などが協力して実施する国内最大規模の観光キャンペーン。毎年、4期(4-6月、7-9月、10-12月、1-3月)に分けて行い、1-3月は「京の冬の旅キャンペーン」が定着している。DCキャンペーンは本番(2019年)と前後のプレ(2018年)、アフター(2020)を加えた3カ年行われ、今回は東京五輪とラグビーW杯に向けた静岡の魅力を発信する。
「伊豆は一つ」を合言葉に、昨年、熱海市は伊豆の7市6町合同で「ふじのくに・伊豆デスティネーションキャンペーン(伊豆DD)」(2018年4~6月)を申請したが、あと一歩及ばず落選。そこで今回(2019年4~6月)は「静岡デスティネーションキャンペーン」に名称を変え、県の協力を得て県内5地域にDC推進部を設けるなど県全体に対象を拡大したことが功を奏した。
齊藤栄市長は「V字回復した熱海はこれからが大切。来年から3年間、(JR6社などの)全国キャンペーンは大きな追い風になる。DCは次のステージに進むまたとない機会」と力を込めて話した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◆デスティネーションとは 目的地・行き先とキャンペーンを合成語。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  2. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  3. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る