【イベント】やっぱ、花火見物は浴衣でしょ!  今年も「ゆかたで遊ぼ」がスタート

熱海の夏を彩る「熱海で遊ぼ! ゆかたで遊ぼ!」が21日、渚親水公園レインボーデッキで始まった。カラフルな浴衣姿の若い女性やカップルらがそぞろ歩き、熱海は華やいだ雰囲気に包まれた。

「ゆかたで遊ぼ!」は熱海市商店街連盟(岩本寛会長)などでつくる実行委員会が催し、この日を皮切りに8月29日までの熱海海上花火大会開催日(全7回)に合わせて開かれる。「浴衣で熱海の情緒を呼び戻そう」という企画で浴衣姿の来場者には、花火セット(先着100人)がプレゼントされる。

午後3時に始まり、花火終了10分後の午後9時まで。飲食テナント8店のほか、金魚すくいやヨーヨーなどの夜店。ステージではコンサートが行われ、初日はスタイリッシュハート、アルケミスト、伊沢ビンコウのPOPSアーティストが花火前の会場を盛り上げた。

DSCN3877DSCN3869DSCN3885

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る