【社会】冬至梅が開花、天皇陛下の誕生日の献上梅

「もみじまつり」最終日から一夜明けた8日、熱海梅園で冬至梅(とうじばい)が白い花を咲かせた。熱海市では、天皇陛下の誕生日(12月23日)に熱海梅園の早咲き梅を献上している。天皇陛下が皇太子時代の1969年から毎年続けており、今回で46回目。梅は紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅の2種類。今年は17日に献上梅を切りだし、市役所の温かい室内でつぼみを膨らませたあと、宮内庁のほか、英国大使館と韓国大使館に献上する。
熱海梅園の梅の開花は例年以上に早く、お正月にはかなりの数の梅の花が楽しめるという。

8日の熱海梅園は月曜日にも関わらず、日本一遅い紅葉と日本一早い梅の競演を楽しむ来場者で賑わった。前夜に海上花火大会が開催され、1万7000人が熱海湾で観賞。ホテル旅館をチェックアウトした宿泊客らが家路に就く前に次々と訪れた。

老人川紅入り口

IMAG1877八重寒紅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る