【津波】初島18メートル、最短4分で最大波 

静岡県は30日、相模トラフで巨大地震が発生した場合の被害想定を新たに公表した。熱海市の初島は18メートルと県の第4次被害想定の2倍の高さになった。初島を除く熱海市でも14メートルと従来の1.6倍に上方修正された。津波の到達時間は熱海市は最短3分、わずか4分で最大級の津波が襲うとしている。
県が平成25年に国の検討会が公表した想定をもとに、相模湾から房総半島沿岸にかけての「相模トラフ」で発生するマグニチュード8.7の巨大地震を想定してまとめ、第4次被害想定を補足した。

これまで熱海への津波の第一波は発生の5分後、最大波が訪れるのは9分後とされてきた。

DSCN4187

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る