【津波】初島18メートル、最短4分で最大波 

静岡県は30日、相模トラフで巨大地震が発生した場合の被害想定を新たに公表した。熱海市の初島は18メートルと県の第4次被害想定の2倍の高さになった。初島を除く熱海市でも14メートルと従来の1.6倍に上方修正された。津波の到達時間は熱海市は最短3分、わずか4分で最大級の津波が襲うとしている。
県が平成25年に国の検討会が公表した想定をもとに、相模湾から房総半島沿岸にかけての「相模トラフ」で発生するマグニチュード8.7の巨大地震を想定してまとめ、第4次被害想定を補足した。

これまで熱海への津波の第一波は発生の5分後、最大波が訪れるのは9分後とされてきた。

DSCN4187

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る