【防災】現在外国人住民336人 熱海市が「外国籍市民のための防災教室」

 

 

熱海市は12日、いきいきぷらざ6階の視聴覚教室で「外国籍市民のための防災教室」を開いた。災害時に情報弱者となりうる外国人が、災害時にどのように行動したらよいか、どう準備したらよいかなど、一昨年から毎年この時期に実施している。

「井戸端会議」のように少人数グループ単位で開催しており、この日は市役所近くに居住する中国国籍2人、フィリピン国籍1人の3人が出席した。

教室では危機管理課の大石真裕職員が講師を務め、東日本大震災時の相馬市(福島)や釜石市、宮古市(岩手)などの津波をビデオで振り返った後、熱海市で想定される地震などについて紹介した。

参加者の「熱海に津波が来たことはありますか」の質問に大石職員が「関東大震災の際には市役所の花ひろばのところまできたそうです」と答えると、聴講者たちは真剣にメモを走らせた。

(熱海ネット新聞)

 

◇熱海市の外国籍住人=12月末現在

31カ国336人(男106人、女230人)。トップ10は①中国(88人)②韓国・北朝鮮(86人)③フィリッピン(60人)④ブラジル(26人)⑤米国(15人)⑥ペルー(9人)⑦台湾、タイ(6人)⑨オーストラリア(5人)⑩カナダ、ドイツ、メキシコ、ベトナム(3人)

 

外人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る