熱海市で新たなクラスター 音楽カフェで6人コロナ感染 店名は公表せず

静岡県は7月28日、新型コロナウイルスの感染者が熱海市で新たに6人確認されたと発表した。25日に陽性が判明した熱海市に住む会社経営の高齢男性(県165例目=熱海市17人目)の濃厚接触者。1人は同居家族。あとの5人はいずれも高齢男性が手がける高齢者の音楽を楽しむ活動の関係者(全員熱海居住者)で今月17日に貸しスタジオやカラオケを備える市内の音楽カフェを高齢男性と同じ時間帯で利用した。当日はミニコンサートが開かれていたという。
27日にそれぞれ保健所から濃厚接触者の連絡を受け、帰国者・接触者外来を受診。PCR検査や抗原検査で陽性が判明し、県東部の感染症指定医療機関に入院した。6人の濃厚接触者は調査中。
この店は、県内初のクラスター(感染者集団)が発生した熱海市のカラオケ・ラウンジ「クレッセント」、19日に明らかになった昼カラオケの飲食店(未公表)とは別の店舗。県はこの音楽カフェで合わせて6人に感染が拡大したことから、熱海市では2件目となるクラスターが発生したと認定した。しかし、他の利用客を全員把握し、PCR検査や抗原検査を完了。ほかに陽性と判明した人がいないことを理由に「現時点では店名の公表はしない」としている。
熱海市の新型コロナウイルス感染者は6人増えて計26人。新たなクラスター発生でさらに増える可能性がある。
(熱海ネット新聞)
【熱海市の新たな感染者6人=7月28日】
①県205例目(熱海市21人目)=年齢、性別、同居家族は非公表。無職。7月17日に音楽カフェ利用。無症状。
② 県206例目(熱海市22人目)=高齢者女性。無職。同居家族あり。16日、17日、18日、21日、22日、23日に音楽カフェ利用。
③県207例目(熱海市23人目)=高齢者。性別、職業は非公表。同居家族あり。13日〜26日までの各日、音楽カフェ利用。無症状。
④県208例目(熱海市24人目)=高齢でない成人女性。パート社員。県165例目の高齢者男性の家族。無症状。
⑤県209例目(熱海市25人目)=60代女性。職業は非公表。同居家族あり。7月17日、21日、22日に音楽カフェ利用。23日から倦怠感と咳。現在は37・7度の発熱。肺炎像あり。
⑥県210例目(熱海市26人目)=年齢、性別、職業、同居家族は非公表。17日に音楽カフェ利用。25日に37・7度の発熱。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る