骨折離脱の駒大・鈴木芽吹(熱海市出身)復帰 箱根駅伝登録メンバー発表 

来年1月2、3両日に行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場する21チームの登録選手(各16人以内)が12月10日に行われ、オープン参加の関東学生連合チームを含む21チームの登録メンバーが発表された。連覇を目指す駒大では、実力者がそろう2年生の鈴木芽吹(熱海市立泉小中学校ー長野・佐久長聖)もエントリーされた。
前回は1年生ながら山登りの5区(小田原ー芦ノ湖、11・9㎞)を任され、往路3位、総合優勝に貢献。今季は9月以降、右大腿部疲労骨折故障の影響で出雲駅伝、全日本大学駅伝を見送るなど調整が遅れていたが、大八木弘明監督は本調子を取り戻したと判断。箱根駅伝でメンバー入りさせた。主将の田沢廉(3年)に次ぐ準エースが戦列に復帰したことで上位入賞が確実となった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

    • HIROKI NAKAMURA
    • 2021年 12月 15日

    芽吹選手がいないと 箱根駅伝は勝てません。
    彼の復帰&出走を 駒澤ファン全てが望んでます!!
    何区を走ろうと 私達はこころから応援します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る