“撮り鉄”人気スポット 熱海市下多賀の「アジサイ街道」が見頃に

「アジサイ街道」の名で知られる熱海市下多賀小山地区(伊豆多賀駅-網代駅)の国道135号沿いで、約800株のアジサイが見頃を迎えた。気象庁が関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表(6月6日)したことから、東京、神奈川などから鉄道ファン“撮り鉄”が訪れている。
薄紫や青、白、ピンク…色とりどりに咲くアジサイと往き交うJR伊東線を列車を写真に収めているが、東京と伊豆急下田駅を結ぶ観光特急列車「サフィール踊り子」の人気が高い。
記録的な大雨となった昨年7月2日(伊豆山土石流災害の前日)、この斜面の一部が崩落。アジサイも被害を受けたが、地元の「小山あじさいを愛する会」が1株1株隙間を埋めるように植え直し、人気スポットを取り戻した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る