花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客でにぎわった。夜の花火見物前に海でレジャーを楽しむ家族連れの宿泊客も多く、砂浜には日除けのビーチテントやビーチパラソルが立ち並び、浮き輪をつけて泳いだりする子どもたちの笑い声が響いた。
コロナ禍以前は、夏季熱海海上花火大会の日は、1日約8千人が熱海温泉に泊まり、熱海サンビーチを利用したが、「密」を避けて長浜、網代温泉の海水浴場に足を運ぶ宿泊客も増え、思わぬ経済波及効果をもたらしている。
熱海市は、熱海サンビーチの入場口2カ所に人工知能(AI)カメラを設置。混雑具合を把握し、市のホームページで公表している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る