泉明寺、齋藤両陣営 マイク納め式で最後の訴え 当落判明は11日午後11時前

任期満了に伴う熱海市長選は、9月10日が選挙戦の最終日。元市議の新人・泉明寺みずほ氏と現職で5期目を目指す齋藤栄氏の両陣営は「マイク納め」の午後8時まで選挙カーを使った街宣や街頭演説、選挙事務所スタッフによる電話作戦など、あらゆる戦術で「最後の訴え」を行った。
投票は繰り上げ投票を行った初島を除き、11日午前7時から午後8時まで市内22投票所で行われる。
開票は午後9時15分から南熱海マリンホールで始まり、午後11時前に大勢が判明する。有権者は3万1707人。投票率は50%前半とみられ、当選ラインは9千票前後となる見込み。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る