【社寺】今宮神社で正月用の「創作お飾り作り」

新年を前に今宮神社(泉明寺みずほ宮司)で11日、お正月の縁起物を作る「創作お飾り作り教室」があり、氏子の夫人8人が縄をなうなど昔からの製法を学んだ。参加者は京増嘉博総代長が見守る中、沼津工高のOBで作る三島函南沼工会の建築士・安井瞭次さんら3人の指導を受け、真剣な眼差しで縁起物の松ぼっくりやダイダイ、ウラジロを結びつけるなどして、3時間かけてしめ縄とお飾りを完成させた。
全て本物の素材を使い、藁(わら)は韮山、橙(だいだい)は南伊豆町、紫や赤の千日草は長野県南アルプス市から取り寄せた。同神社では昨年からこの教室を開催。出来上がったお飾りはそれぞれの自宅に持ち帰り、お正月に飾る。

メーン

手元 全体集合写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る