あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月25日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤沢市)が阿波踊りを披露し、会場を盛り上げた。34人の踊り手たちは「ヤットサー、ヤットヤット」という掛け声に合わせてしなやかに遊歩道を流し、ドラゴン橋のステージで輪踊りを演じた。
日本一早い桜を全国に発信しようと熱海市観光協会が昨年から公演を依頼し、同まつりは2回目。お約束のようにこの1週間で一気に見ごろを迎え、あたみ桜とのコントラストも美しく、観光客を楽しませた。
同連はこの日の出演に合わせ、12月から集中稽古に入り、「さくら、さくら」の演目も取り入れて熱演。
イベント終了後は来宮神社を訪れ、阿波踊りを奉納し、参拝者から盛んな拍手が送られた。
(熱海ネット新聞)

湘南なぎさ連

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る