熱海商議所青年部、タスキつなぐ アンカー赤尾さん、藤間さん完全燃焼

熱海市民駅伝を盛り上げたのが、一般の部に初参加した熱海商工会議所青年部。熱海市民のスポーツを通した健康意識を高めることなどを目的に、30、40歳代の若手経営者で挑戦した。
同青年部の地域委員会(青木健治部会長、伊豆毎日新聞)の「2年計画で熱海市民駅伝を盛り上げよう」の呼びかけに20人が応じ、昨年10月からトレーニングを開始。予選会で12人を選抜してAチームとBチームを編成し、本番に臨んだ。
Aチームは藤間崇史さん(秀花園)さん、Bチームは赤尾光一さん(アカオ商店、市議)がアンカーを務め、OBや関係者が待つ熱海市役所で感動のゴールテープを切った。結果は他チームが20代中心の編成で8チーム中の7位と8位に終わったが、全員が完全燃焼。藤間さんは「青年部の団結力でタスキをつなぐことができた」。顧問の赤尾さんは「これからも行動力と情熱を持って青年部を支えたい」。ともにリベンジを誓い、流れる汗を拭った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る