熱海商議所青年部、タスキつなぐ アンカー赤尾さん、藤間さん完全燃焼

熱海市民駅伝を盛り上げたのが、一般の部に初参加した熱海商工会議所青年部。熱海市民のスポーツを通した健康意識を高めることなどを目的に、30、40歳代の若手経営者で挑戦した。
同青年部の地域委員会(青木健治部会長、伊豆毎日新聞)の「2年計画で熱海市民駅伝を盛り上げよう」の呼びかけに20人が応じ、昨年10月からトレーニングを開始。予選会で12人を選抜してAチームとBチームを編成し、本番に臨んだ。
Aチームは藤間崇史さん(秀花園)さん、Bチームは赤尾光一さん(アカオ商店、市議)がアンカーを務め、OBや関係者が待つ熱海市役所で感動のゴールテープを切った。結果は他チームが20代中心の編成で8チーム中の7位と8位に終わったが、全員が完全燃焼。藤間さんは「青年部の団結力でタスキをつなぐことができた」。顧問の赤尾さんは「これからも行動力と情熱を持って青年部を支えたい」。ともにリベンジを誓い、流れる汗を拭った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る