新型コロナの影響拡大 暗中模索の熱海にスーパームーン、明るさ3割増し

月が地球に近付き、満月が普段より大きく見える「スーパームーン」が、新型コロナウイルスの感染拡大で戦後最大の危機を迎えている熱海の夜空に輝いた。4月8日午前11時半すぎに、月と地球の距離が約35万7000キロと、ことし1年で最も接近したため、7日夜と8日夜は、一際輝いて見える「スーパームーン」が出現。国立天文台によれば、今年最も小さな満月より、約14%大きく、約30%明るいという。

政府が発令した緊急事態宣言で首都圏の自宅ごもりが本格的し、市内の多くの事業所や市民が暗中模索する中、ご覧のような一際大きく輝くスーパームーン。国立天文台も「家の窓などから明るく輝く月を見て、少しリラックスしてください」と呼びかけていた。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る