新型コロナの影響拡大 暗中模索の熱海にスーパームーン、明るさ3割増し

月が地球に近付き、満月が普段より大きく見える「スーパームーン」が、新型コロナウイルスの感染拡大で戦後最大の危機を迎えている熱海の夜空に輝いた。4月8日午前11時半すぎに、月と地球の距離が約35万7000キロと、ことし1年で最も接近したため、7日夜と8日夜は、一際輝いて見える「スーパームーン」が出現。国立天文台によれば、今年最も小さな満月より、約14%大きく、約30%明るいという。

政府が発令した緊急事態宣言で首都圏の自宅ごもりが本格的し、市内の多くの事業所や市民が暗中模索する中、ご覧のような一際大きく輝くスーパームーン。国立天文台も「家の窓などから明るく輝く月を見て、少しリラックスしてください」と呼びかけていた。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る