熱海市在住の歌手橋幸夫さん 土石流被災者に100万円寄付

熱海市在住の歌手で熱海署特別安全対策監を務める橋幸夫さん(78)が11月17日、本間章浩奥田交治熱海署長とともに熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流災害の義援金100万円を寄付した。
後援会を通して全国のファンから寄せられた義援金に自身の寄付を加えて届けた。橋さんは「僕が3年前から熱海に住んでいるのを知っているので、全国のファンが心配してくれた。被災者の方々の生活支援に役立てて欲しい」と話し、目録を齋藤栄市長に手渡した。
市長は「浄財は大切に被災者の方々に届ける。大変ありがたい」と感謝の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る