【社会】犯罪被害抑止に切り札投入!熱海署マスコット「110マン」デビュー


日本全国の警察署で独自のキャラクターを活用した防犯、広報活動が広がっている。熱海署(奥田交治署長)にも独自キャラ「110(ひゃくとお)マン」が誕生、「110番の日」の1月10日、熱海駅前でお披露目された。
熱海市の昨年の犯罪件数は過去史上最少で、交通事故死亡ゼロ日数も775日(1月10日現在)で継続中。日本有数の安心安全のまちとして知られるが、65歳以上の人口が約45%を占めることから、特殊詐欺被害は前年より1件増え、被害額は642万円。息子や警察官を騙(かた)る不審な電話も後を絶たない。「見せる活動」で犯罪の減少に取り組む同署は署員が手作りした「110マン」を署のイベントなどに投入することで地域住民との距離を短縮。警察活動に関心を高めてもらい、振り込め詐欺など犯罪被害抑止に努める。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-7-22

    ミス熱海「梅娘」増田玲未さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017」があり、ミス熱海「…
  2. 2018-7-22

    網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ

    熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(…
  3. 2018-7-21

    熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

    熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏の…
  4. 2018-7-21

    アロハフェス開幕、熱海がハワイに!初日は27ハラウ、295人がフラの共演

    「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21日、熱海市の渚親水公園イベント広場で始まっ…
ページ上部へ戻る