熱海湾に“傘の花” 色とりどりの花火、雨で鮮やか/熱海海上花火大会

夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月24日、熱海湾で開かれた。懸念された台風20号は日本海に去り、温帯低気圧に。しかし、熱海市内は不安定な状態が続き、打ち上げ直前の午後8時20分前から小雨が降り出した。2万9千人の見物客は予め用意してきた傘やタオルなどでしのぎながら、色とりどりの大輪に見入っていた。
湿った空はいつも以上に花火の打ち上げ音がドドーンと響き、次々に打ち上げられた大玉やスターマイン、大空中ナイヤガラも色濃く映り、喝采が続いた。
夏季シリーズ最後となる次回の熱海海上花火大会(8月30日)は、年に1度の直径約60センチ(2尺=20号玉)の尺玉が打ち上げられ、超特大の大輪の花を咲かせる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔳観衆=2万9千人
🔳主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合
🔳熱海市の人口 3万7208人(6月末現在)
🔳2018年(平成30年)の熱海海上花火大会
春 1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
夏 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
秋 9/17(月・祝)
冬 12/9(日)・12/16(日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  2. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  3. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  4. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
ページ上部へ戻る