【社会】散骨場計画に「差し止め」請求 隣地所有会社が提訴

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、散骨場計画地の隣接地を所有する不動産会社(東京)が散骨場の建設差し止めを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こしたが分かった。30日付の静岡新聞が報じた。
訴状によると、散骨場は墓銘を彫った石碑を設置し、区画内に遺骨を散布する計画で、「計画は法律が規制する『墓地』に他ならない」と主張、「住民の受忍限度を超える」と訴えている。
一方、散骨場を計画する企業の社長は「全面的に争う方向で弁護士と相談している」と話しているという。

(熱海ネット新聞)

DSC_0788ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る