【社会】散骨場計画に「差し止め」請求 隣地所有会社が提訴

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、散骨場計画地の隣接地を所有する不動産会社(東京)が散骨場の建設差し止めを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こしたが分かった。30日付の静岡新聞が報じた。
訴状によると、散骨場は墓銘を彫った石碑を設置し、区画内に遺骨を散布する計画で、「計画は法律が規制する『墓地』に他ならない」と主張、「住民の受忍限度を超える」と訴えている。
一方、散骨場を計画する企業の社長は「全面的に争う方向で弁護士と相談している」と話しているという。

(熱海ネット新聞)

DSC_0788ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る