「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日~13日)の人出を発表した。期間中13日間に来園した総入場数は2497人で一昨年(2979人)を482人下回った。前回比17%減。最多は12日(土)の535人。もっとも多く飛び交う時間帯は午後8時ごろだった。
今年はお宮緑地のジャカランダ、糸川遊歩道のブーゲンビリアのライトアップと連携して夜の熱海の魅力を発信したが、東京や神奈川に出ている緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響で宿泊者が減少したことが響いた。期間中は熱海まち歩きガイドの会が会場をアテンドした。
「ほたる観賞の夕べ」は毎年、ホタルが成虫なる時期を勘案し、6月1日から6月の第2日曜に開催(ホタルの寿命は7日〜10日程度)。
今年は3月19日にゲンジボタルの幼虫を5000匹放流した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る