【市議会】熱海市のふるさと納税、昨年度423万円 箱根町の100分の1以下

熱海市の昨年度の「ふるさと納税」の寄付金が、箱根町の100分の1以下であることが分かった。平成25年度が291万円(70件)、同26年度が429万円(124件)、同27年度が423万円(131件)。12日の一般質問で川口健議員の「本市の過去3年間のふるさと納税の寄付金と件数は」の質問に市当局が答えた。
市は平成20年より1万円以上の寄付者に対し、市が選定した特産品(アジの干物、網代いかめんち、熱海梅干しなど)を贈ってきたが、27年度より「熱海ブランド特産品詰め合わせセット数点から寄付者に選定してもらう」スタイルに変更。10万円以上の寄付者については、「特産品詰め合わせセット」に加えて熱海温泉ホテル旅館協同組合の協力で加盟店で利用できる「熱海温泉宿泊補助券(2万円分)」を謝礼品で贈っている。しかし、他市町が順調にふるさと納税額を伸ばしている中、熱海市は伸び悩んでいる。
「年間300万人が宿泊する熱海市を考えれば、ひとケタもふたケタも違うのではないか。どこに問題があるのか」の問いかけに、杉山勝経営企画部長は「近隣の箱根町は昨年9月に専用のポータルサイトを立ち上げるなどして、昨年12月だけで3億円を突破した。熱海市もふるさと納税専用サイトやインターネット経由のクレジット決済、宿泊できる返礼品の充実を図るなど充実を図りたい」と述べた。
箱根町は昨年9月から12月までの4カ月間で寄付金が5億2千万を超えたという。

%e8%bf%94%e7%a4%bc%e5%93%81

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-27

    【お悔やみ】佐藤洋子さん(熱海市下多賀)10月26日死去

    佐藤洋子さん(さとう・ようこ)10月26日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜28日午後6時。葬儀28…
  2. 2020-10-26

    熱海の秋祭りの最後を飾り、和田木神社で例大祭 神事を静かに斎行

    熱海市下多賀の和田木神社で10月25日、氏子や町内会など50人が参列して例大祭が斎行された…
  3. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
  4. 2020-10-25

    姫の沢公園で「スポーツフェスタ」5種類の教室で専門家から学ぶ

    コロナ禍で運動不足になった市民に様々なスポーツを体験してもらおうと10月24日、熱海市の姫…
ページ上部へ戻る